縦型飼育箱最新型です

多くの日本みつばちの飼育者から感動のお知らせがきております。

ご自分で制作したいと思われていられる方に簡単ですが制作の画像をこのたび添付致しました

沢山の飼育箱などのほとんどで長年飼育研究を重ねてきましたがやはり最後は縦型に戻りました。


この優れた飼育箱は自然に近い物であり野生のみつばちである日本みつばちの飼育には最も優れた究極の箱です。

大切な日本みつばちを飼育し
最も大切な分蜂も自然に行われ健全群を育てられる事になる其の大切さ、又ストレスやダニなどから自然に守られます。飼育管理もかんたんであまり掃除など必要がありません、はちの出入りにて掃除が行われる様になっております。


美味しい日本みつばちからの蜜もふんだんに頂く事が出来、蜂にストレスやダメージを与える事が極めて少なく,蜂の移し替えさらに子や幼虫をも同時に移し替え新たな箱にて
活動させてあげられます。その時点にダニやスムシの検査も出来ます。

完成の画像  



  完成画像のおよその寸法
内寸は23cmから24cmまでにします。板の厚みは板の呼吸をみてあまり厚いものは使用しない方が蜂の為に良い。尚板は荒のまま使用します。



内部の仕掛け


中間部、最下部


ほぼ完成でハチマイッターの取り付け材
を付けハチマイッターを取り付けた様子。


画像にて制作方法がお解りでしょう、
シンプルですがかなりの技量がつまっております。

それでは制作されてみて下さい。